名刺

覚えてもらえる名刺

名刺を見せている男性

名刺はあくまでも人に渡す物です。名刺を渡した相手に後で見ても思い出してもらえるような、名刺を作ることが大事です。それだと写真入りが一番だとは思うのですが、少しだけ違った名刺を作るのもいいかもしれません。
1つ目は、紙の質にこだわった名刺。和紙や透かしが入った紙に印刷した名刺だと相手に渡した際に、その名刺について話題になると思います。後から見たときに、話題と同時に思い出してもらえます。2つ目は、色が違う名刺。名刺の色が白以外だと、相手も探しやすいですしその色が自分の会社のカラーだと「実は・・」となぜその色にしたのか話題にできます。
3つ目は、デザインに凝った名刺。デザインに凝った名刺は、相手によりけりですがそういった名刺を渡せる相手なら、インパクト大です。そんな名刺をひとつ作っておくのもいいと思います。最後は両面に印刷した名刺よくある名刺ですが、必ず裏面も見てもらえるため覚えてもらうのにはいいでしょう。名刺にはたくさんの情報が入りますので、どうしてもスッキリしないと思う方にはおすすめです。表には自分の名前だけを、手書き風で印刷してもらうのもいいかもしれません。渡す相手によって選べるよう、2-3種類の名刺を持ってみてはどうでしょう。

注目の記事

名刺を出している人

名刺作成とは

名刺作成というのは、今ではかなり簡単にできるようになっています。つまりは自分で作ることができる…